安全靴とは

 

 

HOME >> 安全靴とは >> 日本工業規格(JIS)における区分

日本工業規格(JIS)における区分

JIS T 8101 安全靴

「主として着用者のつま先を先芯によって防護し、滑り止めを備える靴」と定義されています。

JIS T 8103 静電気帯電防止靴

人体への静電気帯電のために起こる爆発、火災のような事故及び災害、ならびに製品の汚れなど生産への悪影響を防止するために、工場などで働く作業者が使用する靴についての規格です。

  1. 関係ISO規格
    ISO 20344 個人用保護装備 – 靴試験方法
    ISO 20345 個人用保護装備 – safety footwear
    ISO 20346 個人用保護装備 – protective footwear
    ISO 20347 個人用保護装備 – occupational footwear
  2. 関係するISO国内対策委員会
    ISO/TC94/SC3 安全靴 (日本はISOでは議決権のあるPメンバーとなっています。)

 

日本工業規格(JIS)区分

 

 

作業区分による種類(記号)

  1. 重作業用(H)
    先芯の耐衝撃性能100J・耐圧迫性能15kN、表底のはく離抵抗300N以上あるもの。
  2. 普通作業用(S)
    先芯の耐衝撃性能70J・耐圧迫性能10kN、表底のはく離抵抗300N以上あるもの。
  3. 軽作業用(L)
    先芯の耐衝撃性能30J・耐圧迫性能4.5kN、表底のはく離抵抗250N以上あるもの。

 

表底の種類

表底は滑り止め効果のある形状をしており、ゴム、発泡ポリウレタンまたはそれらの重層組み合わせの構造とし、一定の物理的性能を持つことが定められています。 また、最薄部の厚さも定められています。

 

甲皮による種類

  1. 総ゴム製
    耐油性のあるものとないもの。
    ゴムの厚さや性能についても基準が設けられています。漏れ防止性の試験をクリアしなければなりません。
  2. 革製
    天然の牛革をクロム等でなめしたもの。革の厚さや性能についても基準があります。

 

付加的性能(記号)

  1. 耐踏抜き性能(P)
    くぎの貫通時の力1,100N以上あるもの。
  2. かかと部の衝撃エネルギー吸収性(E)
    衝撃エネルギー吸収性20J以上あるもの。
  3. 耐滑性(F)
    靴底の動摩擦計数0.20以上あるもの。
  4. 足甲プロテクタの耐衝撃性(M)
    足甲部への衝撃を緩和する性能を有するもの。

※これら種類と付加的性能については、安全靴あるいは箱に表示されています。

例1 【安全靴 革製S】・・・・ 革製の普通作業用安全靴

例2 【安全靴 革製SP】・・・ 耐踏抜き性能を持った、革製の普通作業用安全靴

 

 

 

ページ上部へ