HOME >> 団体の活動

団体の概要

団体の活動目的

私たち日本安全靴工業会は、
安全靴の業者団体として昭和40(1965)年に設立されました。
以後、革製・総ゴム製ならびに静電気帯電防止性能を備えた
すべての安全靴に係る技術的研究を行い、国内規格の作成に協力。
品質や性能の向上、ならびに安全靴の普及、
労働安全衛生全般に寄与することを目的として活動しています。

 

 

主な活動

私たち日本安全靴工業会は、定期的な会合を重ね、次のような活動をしています。

  1. 国内・海外の安全靴に関する調査、研究全般
  2. 安全靴に関する開発、普及活動(広報ツール制作、展示会での共同PRなど)
  3. 安全靴に関する日本工業規格(JIS)の制定、改訂への協力
     ならびに団体規格の作成
  4. 関係官庁に対する建議・意見具申または答申
  5. その他、本会の目的遂行に必要な事業、活動

 

 

活動の成果

グラフ労働災害を直近20年で見た場合、企業管理者、使用者、行政、保護具製造者の相互努力の結果、労働作業場での保護具の普及が進み、大幅に減少しました。
休業4日以上の死傷病災害全体では、平成元年度216,118件であったものが平成26年度は119,535件となり、ほぼ半減しました。
ただし、転倒災害は微減にとどまり、ここ10年は逆に増加傾向にあります。これは、労働人口が第二次産業から第三次産業へと変わってきたことと無関係ではありません。履物に関係する労働災害では、踏み抜き災害は20年間で4分の1まで減少しましたが、転倒災害は増加の状況です。
したがいまして、転倒災害を低減させることがこれからの我々日本安全靴工業会の使命であると考えています。

 

平成元年からの事故別労働災害の推移(休業4日以上)

  平成
元年度
平成
6年度
平成
11年度
平成
16年度
平成
21年度
平成
26年度
平成
27年度
平成
28年度
墜落・転落 39,431 33,791 25,627 24,193 20,006 20,551 19,906 20,094
転倒 29,039 25,626 21,228 22,456 23,002 26,982 25,949 27,152
激突 11,236 8,476 6,625 6,038 5,342 5,667 5,659 5,861
飛来・落下 25,582 18,945 11,916 9,874 7,150 6,843 6,467 6,600
崩壊・倒壊 4,449 3,156 3,395 3,107 2,429 2,334 2,259 2,261
激突され 10,422 8,398 7,113 6,299 4,921 5,196 5,166 4,982
はさまれ・
巻き込まれ
42,036 32,571 24,813 21,441 15,514 15,238 14,513 14,136
切れ・こすれ 22,900 18,884 14,541 12,399 9,352 8,704 8,423 8,117
踏み抜き 886 591 386 341 224 260 262 250
おぼれ 45 40 47 44 38 41 30 36
高温・低温の
物との接触
3,040 2,757 2,624 2,860 2,344 2,810 2,677 2,831
有害物等
との接触
582 504 526 593 444 466 504 483
感電 222 165 180 160 102 116 105 99
爆発 315 208 165 123 81 93 56 58
破裂 96 73 97 89 55 52 53 60
火災 178 187 129 112 106 87 83 81
交通事故
(道路)
4,307 3,862 8,315 8,265 8,217 8,266 8,013 8,125
交通事故
(その他)
337 228 158 138 80 97 103 88
動作の反動・
無理な動作
18,824 13,088 11,699 12,093 13,127 14,191 14,420 15,081
その他 1,149 961 1,068 1,230 1,348 1,231 1,394 1,256
分類不能 1,042 1,006 403 393 270 310 269 259
216,118 173,517 141,055 132,248 114,152 119,535 116,311 117,910

※厚生労働省労働災害統計より抜粋

 

 

ページ上部へ
今後の活動

私たちが今後取り組むべき活動としては、次のものが挙げられます。

  1. ISO国際規格と我が国の安全靴使用環境に適合した安全靴への改善。
  2. 環境、健康、衛生に配慮した安全靴の普及
  3. 労働災害の低減に結びつく安全靴の開発

これらを発展させてゆくことで、労働災害の中の足部災害ゼロを目指します。
日本安全靴工業会の今後3年間の活動計画は次のとおり予定しています。

 

年度 活動計画
2017年度 防災靴ガイドライン、防災用踏抜き防止中敷団体規格の審議及び発行
日本安全靴工業会の会則の改訂
2018年度 安全靴のJIS規格の改訂及び改訂に伴う
日本安全靴工業会ホームページと案内の改訂を予定

 

 

 

ページ上部へ